スタッフブログ

坐骨神経痛

Author:Yoshifumi Mahara - 2015年10月22日

こんにちは。

 

今回は、坐骨神経痛の話です。

 

坐骨神経痛という言葉を聞いたことがある方は多いと思いますが、よく誤解されていることがあります。

 

それは、坐骨神経痛というのが病名ではないということ。

 

坐骨神経痛というのは、臀部(お尻)から大腿後面(太ももの裏側)にかけての痛みという「症状」であって、病名ではありません。

 

腰から出て、お尻から太ももの裏側を通っている坐骨神経。

その坐骨神経に沿って痛みが出るから、坐骨神経痛と言います。

 

坐骨神経痛という症状を引き起こす原因としては、腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・梨状筋症候群・腰椎すべり症などの病名がつくものもあれば、病名がつかないようなものでも起こります。

 

病名がつかない場合に、坐骨神経痛が病名のように扱われることもあるので、それが誤解のもとでもありますね。

 

腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・腰椎すべり症などが原因の場合は、画像診断で問題が見つかる場合が多いので、整形外科で比較的容易に診断されるでしょう。

 

しかし、そういった病名がつかない坐骨神経痛が多いも事実です。

 

腰から出て太ももの裏側に通る坐骨神経が、そのどこかで圧迫を受けているだけでも坐骨神経痛は出ます。

 

先ほど挙げた、腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・腰椎すべり症などは、腰の骨や椎間板による圧迫ですが、筋肉による圧迫でも同様の症状は出ます。

 

筋肉による圧迫の場合は、その筋肉の緊張を起こしている原因となっている部分から取り除くことが大切になります。

 

原因のわからない坐骨神経痛でお悩みの方も、ぜひ一度ご相談ください。

Total Body Care 向ヶ丘整体院
TEL: 044-931-5345(予約優先)
〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸2055
向ヶ丘エースビル5F
【営業時間】10:00〜21:00(最終受付20:00)
【定休日】毎週火曜日
小田急線 向ヶ丘遊園駅前
小田急線・JR南武線 登戸駅 徒歩8分

Category:腰の話 , 骨盤の話 / Tags: