スタッフブログ

骨盤矯正の種類

Author:Yoshifumi Mahara - 2013年10月18日

こんにちは。

本日お問い合わせのお電話をいただいた内容なのですが、同様の疑問がある方もおられるかもしれないので、記事にさせていただきます。

 

お問い合わせ内容の概要は、

インターネットの情報では、骨盤矯正には二種類あると書いてあった。

産後の骨盤の開きを改善する矯正と、姿勢を改善する矯正があり、それぞれ別の矯正らしい。

そちらで行っている骨盤矯正はどっちなのか?という内容でした。

 

回答としては、インターネットでご覧になった情報がどういう書き方をされていたのかわからないのですが、Total Body Care 向ヶ丘整体院で行っている骨盤矯正には、どちらも含まれています。

 

きちんと説明しないと、答えになっていないですよね。

 

まず、以前にも書いたことがありますが、骨盤の開きというものに関して誤解されている方は非常に多いです。

 

出産時に胎児が産道を通りやすいように、ホルモンの働きで骨盤の関節(靭帯)は緩みます。

胎児が骨盤内を通過する際に、関節部分の緩んだ骨盤は押し広げられます。

 

では、通過する際に押し広げられた骨盤は、どうなるのでしょうか?

 

押し広げられたままの状態になっていると誤解されている方が多いですが、そうではありません。

骨盤は、あくまで緩んだ状態=開きやすい状態であり、ガバっと広がったままの状態になっているわけではありません。

 

もし仮に「何センチも骨盤の関節が離れた状態」になったら、痛いなんてものじゃないでしょうし、まず歩くことはできません。

日常生活を送れている人の骨盤が、そのような状態になっていることはありえません。

 

※ただし、希に出産時に恥骨離開と言って、文字通り恥骨の結合部分が離れて開いてしまう方はおられます。

ここでは恥骨離開には詳しく触れませんが、この場合も強い痛みを伴い、歩けない程の状態になる場合も多いです。

 

インターネット上では当たり前のように間違った情報が流れていることも多いようなので、おそらく多くの誤解の元はそこにあるのでしょうね。

 

では、なぜ体型が変化するのかという疑問が出てくるかもしれませんが、それに関しては以前の記事でも書いているので今回は省略します。

 

先程も書いた通り、産後の骨盤の開きというのは、骨盤の関節が緩んだ(開きやすい)状態です。

そして、それは出産前から分泌されるホルモンの働きによるものですので、帝王切開で出産された方に関しても同様の状態になっています。

 

産後の骨盤矯正は、その緩んで不安定な骨盤が、安定した状態に締まるようにするための方向づけです。

方向づけと書いたのは、ホルモンの働きで緩んだ靭帯が、骨盤矯正によって戻るわけではないからです。

 

緩んだ靭帯は、本来であれば矯正をしなくても自然に元に戻ります。

しかし、靭帯が戻ろうとする時に、不安定な方向へ力がかかり続けると、緩んだままの状態になってしまいます。

 

靭帯の元々の状態が強固な紐のようなもので、それが関節を強く結びつけているとします。

その紐(靭帯)が、出産時に一時的に弾力のあるゴムのような状態になっていると思ってください。

 

産後はそのゴムのような状態から、また強固な紐の状態に自然に戻っていきます。

その際に、ゴムが縮んだ状態で戻れば関節は元通りに強く結び付けられますが、伸びた状態で戻れば関節は不安定に緩んだままになってしまいます。

 

そうならない為に、ゴム(靭帯)が縮んだ状態で安定するように関節を正しい位置に矯正・維持するのが、産後の骨盤矯正です。

 

先ほど、靭帯が元に戻ろうとする時に、不安定な方向へ力がかかり続けると、関節が緩んだままの状態になると書きました。

不安定な方向へ力がかかり続けている状態に強く影響している一つが、骨盤の前後の歪み(傾き)です。

 

その為、産後の骨盤の矯正の際には、前後の歪み(傾き)を考慮し、必要な場合は必ず矯正を行います。

 

骨盤の前後の歪みがある状態は、ほぼ例外なく姿勢の乱れがある状態です。

つまり骨盤の前後の歪みを矯正するということは、産後の骨盤の開きの矯正だけでなく、姿勢の矯正ともイコールになってきます。

 

そして、これまでの私が施術をしてきた中では、産後の方の多くが骨盤の前後の歪みの矯正も必要な状態です。

 

そう言う意味で、冒頭のお問い合わせにあった骨盤の開きの矯正と姿勢の矯正というのは、切り離して考えるのは難しいと言えます。

 

もっと言うなら、骨盤の関節が不安定な方向に力を受けており、その原因がどこにあるのかによっては、骨盤を安定して締まった状態にするために、骨盤と離れた場所の矯正であっても必要になる場合はあります。

 

もちろん体の状態は人によって異なりますので、目的が同じであっても行う矯正は一人一人異なります。

少しの矯正で十分な方もいれば、矯正が必要な箇所の多い方もいます。

 

当院では、体の一部分だけを抜き出して考えることはいたしません。

あくまで体全体を一つとして、全体としての機能・バランスを考えて、過不足のないように矯正を組み立てています。

 

お問い合わせくださった方が読んでいただけるとは思いませんが、多くの方に参考になりそうな内容だったので、電話では説明しきれない部分も含めて回答を文章にしてみました。

 

適切な回答になっているのか、若干不安な部分もありますが・・・

 

今回の内容以外でも、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

Total Body Care 向ヶ丘整体院
TEL: 044-931-5345(予約優先)
〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸2055
向ヶ丘エースビル5F
【営業時間】10:00〜21:00(最終受付20:00)
【定休日】毎週火曜日
小田急線 向ヶ丘遊園駅前
小田急線・JR南武線 登戸駅 徒歩8分

Category:骨盤の話 / Tags:, , , , , , , ,