スタッフブログ

骨盤の開きとお尻

Author:Yoshifumi Mahara - 2017年10月20日

こんにちは。

 

先日、自宅で何気なくテレビを見ていた時のこと。

 

あるテレビ番組で海外のお尻が驚くほど大きな女性を取り上げていたのですが、そこまで大きなお尻になった理由の一つに出産で骨盤が開いたことも影響していると説明するナレーションが入っていました。

 

誤解されている方が多いのですが、産後に骨盤が開いてお尻が大きくなるというのは誤りです。

 

骨盤の開きと言われているのは、妊娠中から出産にかけてホルモンの働きで骨盤の関節を支える靭帯が緩むことであって、実際に骨盤の関節が左右にガバッと何センチも離れてしまうということはありません。

 

骨盤は上半身と下半身をつないでいる部分ですので、もし本当に関節が何センチもガバッと離れている状態であれば、まず動くこともできないはずです。

 

出産の際に恥骨離開といって骨盤の前側の恥骨結合の部分が離れてしまう場合もありますが、その場合も通常は強い痛みを伴いますので、特に無症状で大きく離開しているということは考えづらいです。

 

また、恥骨が離開したからと言って、骨盤の後ろ側の仙腸関節まで離開するということはありませんので、それが原因でお尻が大きくなるということもありません。

 

当院にご来院の方のお話を伺っていても、「産後に骨盤周囲やお尻が大きくなったのは、骨盤が開いているのではないか?」と思って来院される方は多いです。

 

しかし、実際には骨盤・股関節周りの筋力の低下であったり、骨盤が後傾することによってお尻が下がって広がるような形になってしまっていたりといったものが原因です。

 

今回私が見た番組に限らず、テレビという影響力の大きいメディアであっても、誤った情報が流れてしまうことがあります。

 

しかし、その影響力の大きさゆえに誤った情報もあっという間に広く伝わり、それが正しい情報であると認識されてしまうことも少なくありません。

 

できるだけ多くの方に正しい知識を持っていただけるように、今後も微力ながら情報発信していきたいと思います。

 

産後の骨盤の状態や、骨盤矯正がどのようなものであるのかについては、以前にも何度か記事にしていますので、過去の記事も併せてお読みいただけたらと思います。

Total Body Care 向ヶ丘整体院
TEL: 044-931-5345(予約優先)
〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸2055
向ヶ丘エースビル5F
【営業時間】10:00〜21:00(最終受付20:00)
【定休日】毎週火曜日
小田急線 向ヶ丘遊園駅前
小田急線・JR南武線 登戸駅 徒歩8分

Category:骨盤の話 / Tags:, , , , , , ,