スタッフブログ

帝王切開でも産後の骨盤矯正は必要

Author:Yoshifumi Mahara - 2013年8月26日

こんにちは。

気がつけばもうすぐ9月。

夜に聞こえる虫の声も、少しづつ変わってきた気がします

 

さて、今回は産後の骨盤矯正に関する話です。

その中でも誤解されることが多い、出産方法と骨盤の開きに関する話です。

 

帝王切開の場合でも骨盤矯正は必要か?

よく産後の骨盤矯正は話題になりますが、帝王切開の場合はどうでしょうか。

産後の骨盤で主に問題になるのは、骨盤の開き(緩み)と言われるものです。

 

出産の際は、赤ちゃんが産道を通って骨盤内を通過します。

それが原因で骨盤が開く=「帝王切開の場合は骨盤は開かない」と思っている方は意外に多いようです。

しかし、実際にはそうではありません。

 

先ほど「骨盤の開き」の後に(緩み)と書いたのですが、そこにポイントがあります。

一般的に骨盤の開きと言われるものは、出産準備のためにホルモンの働きで骨盤が緩んだ状態です。

つまり赤ちゃんが通った時ではなく、その前の段階で骨盤は緩んでいるのです。

 

そのため、帝王切開で出産した場合でも、骨盤のケアが必要な場合は多くあります。

出産方法にかかわらず、出産後は早期に適切なケアをされることをおすすめいたします。

 

産後の骨盤で気になることは、お気軽にご相談ください。

Total Body Care 向ヶ丘整体院
TEL: 044-931-5345(予約優先)
〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸2055
向ヶ丘エースビル5F
【営業時間】10:00〜21:00(最終受付20:00)
【定休日】毎週火曜日
小田急線 向ヶ丘遊園駅前
小田急線・JR南武線 登戸駅 徒歩8分

Category:骨盤の話 / Tags:, , , , ,