スタッフブログ

静岡マラソン2018

Author:Yoshifumi Mahara - 2018年3月9日

こんにちは。

 

先日、3月4日(日)に静岡マラソンに参加してきました。

 

今回はマラソンを走った感想などを、できるだけ来年以降に参加される方の参考にもなるように書いていきたいと思います。

 

静岡マラソンは、静岡駅から近い駿府城公園をメイン会場として、静岡市役所前をスタートし清水駅前までの42.195kmのフルマラソンの大会で、今回で5回目の開催です。

 

過去4回のうち3回が雨で、昨年の第4回が初めての晴れだったそうです。

 

私は今までハーフマラソンには3回参加していましたが、フルマラソンは今回が初めての参加です。

 

マラソンのスタート時刻が8時20分と早めなので、前日の3月3日(土)に静岡入りし、JR清水駅近くのホテルに宿泊しました。

 

当日は静岡鉄道の新清水駅から6時ちょうど発の始発に乗り、新静岡駅へ向かいました。JR清水駅と静岡鉄道の新清水駅は、徒歩10分くらいの距離です。

 

JRの清水駅から静岡駅へ出るルートもあり、そちらの方が電車に乗る時間は10分ほど短くなるのですが、会場となる駿府城公園は新静岡駅からの方が近いので、今回は静岡鉄道で移動することにしました。

 

東京・名古屋から当日入りする方が静岡に到着するのが7時前後なので、なるべく混雑を避けるために6時半ごろに会場入りしました。

 

この判断は正解で、着替え・トイレ・荷物預けなどの準備をあまり並ぶこともなく余裕をもって行うことができました。

 

私は申込時の申告タイムによるブロック分けでBブロックスタートだったのですが、事前に調べた情報ではBブロックのスタートロスは40秒~2分程度の間とのことでした。

 

会場についてから余裕をもって準備ができていたおかげで、整列開始の7時20分を少し過ぎたくらいの時間にスタートブロックに並ぶことができました。

 

ちなみに静岡マラソンは陸連登録の有無に関わらず、フルマラソン3時間20分以内、ハーフマラソン1時間20分以内の記録証を出すことで、Aブロックよりも前のSブロックからスタートすることができます。そのため該当する記録を持っているランナーは、あまり渋滞に巻き込まれずにスタートすることができます。

 

当日の天気は快晴で気温が20度くらいまで上がる予報となっており、フルマラソンの大会としては暑くなることが予想されました。

 

しかし、スタート一時間前から日陰になっている整列場所で並ぶため、半袖Tシャツ・短パン・アームウォーマー・手袋・帽子・サングラスを着用し、防寒用に100均のカッパを着て並びました。

 

スタート20分前の8時にスタートブロックが締め切られ、そこから数百メートルを全員ジョグでスタート位置まで移動し、開会式が行われました。

 

防寒用のカッパはスタート直前に脱いで持って走り、最初の給水所で捨てるつもりでしたが、運が良いことにスタート直前にまわりの方の分と一緒にスタッフの方に受け取ってもらえました。

 

8時20分、いよいよスタート。スタートロスは45秒でした。

 

スタートする頃には日が差し始め、最初の5キロを通過する頃にはすでに暑さを感じ始め、手袋はその時点で外しました。

 

途中の給水所は適切な間隔で十分な数が設置されており、全ての給水所で水→スポーツドリンク→水の順に供給されていました。

 

ちなみに私は取りませんでしたが、途中に安倍川餅・石垣いちご・静岡おでん・もつカレーなどのご当地グルメが用意されているエイドステーションもあり、それらを目当てに参加される方もおられるようです。

 

私は後半に脱水にならないように序盤から積極的に給水し、結局全ての給水所でスポーツドリンクを補給し、口をゆすいだり顔や身体にかけるために時々水も取りました。

 

また、エネルギー補給のジェルを一本、アミノ酸補給のジェルを二本携帯し、15キロと30キロ過ぎでアミノ酸を、25キロくらいでエネルギージェルを補給しました。

 

補給に関しては練習のロング走でシュミレーションした通りでエネルギー切れを起こすことはなかったのですが、終盤36キロ付近で左ふくらはぎが攣り始め、40キロ付近で右ふくらはぎも攣ってしまい、40キロ以降は痙攣と戦いながらのレースになりました。

 

水分補給は十分にできており、ふくらはぎはレース後にダメージがなかった部位なので、電解質不足が原因の痙攣だったと考えられます。タブレットなどを携帯するか、給水所にあった塩飴を取るなどをすれば良かったかなと思います。

 

コース自体は比較的フラットで特にこれといった難所もなく、非常に走りやすいコースでした。最初の15キロくらいまでは緩やかな下りが多いので、オーバーペースにならないように注意が必要です。

 

20~25キロくらいは安倍川沿い、25~35キロくらいは海沿いを走る区間になるので、天候によっては風の影響を受けやすいかもしれません。今年に関しては風はあまり吹いていませんでしたが、海沿いの日差しが強くて暑く感じました。

 

暑さはあったものの快晴の中、広大な海を見ながら海沿いを走るのは気持ちが良かったです。

 

また、沿道では地元の方々が途切れることなく声援を送ってくださっており、とても雰囲気の良い大会でした。

 

個人的には脚の痙攣による終盤の失速はあったものの、2時間57分51秒で無事に完走し、初マラソンでサブスリー(3時間切り)を達成することができました。

 

初マラソンなので他と比べてどうとも言えませんが、全体として雰囲気も良く、運営もスムーズな良い大会でしたので、機会があればまた参加したいと思います。

Total Body Care 向ヶ丘整体院
TEL: 044-931-5345(予約優先)
〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸2055
向ヶ丘エースビル5F
【営業時間】10:00〜21:00(最終受付20:00)
【定休日】毎週火曜日
小田急線 向ヶ丘遊園駅前
小田急線・JR南武線 登戸駅 徒歩8分

Category:日記 / Tags:, , ,