スタッフブログ

ランニングと膝裏の痛み

Author:Yoshifumi Mahara - 2016年11月7日

こんにちは。

 

今回はランニングと膝裏の痛みについて。

 

ランニングと膝の痛みというと、最も代表的なのが膝の外側が痛む腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)で、別名:ランナー膝とも言われます。

 

その他に、内側が痛む鵞足炎(がそくえん)や、大腿四頭筋と関連することの多い膝蓋骨(しつがいこつ)周囲の痛みもよくみられます。

 

これらのように膝の前面や側面の痛みが多いですが、膝の裏側が痛む方もいらっしゃいます。

 

ただ、膝の裏側が痛む場合は、患部が炎症を起こしているような痛みではなく、筋肉や筋膜などの問題が多いです。

そのため、病名のつくようなものではなく、原因不明とされてしまうことも多いです。

 

しかし、脚の後ろ側の筋肉は、ランニングで使う筋肉としては重要な筋肉が多く、それらが原因となって膝裏が痛むということは、決して珍しい例とは言えないでしょう。

 

膝裏をまたいで着いているハムストリングスや腓腹筋、足底筋などはもちろん、それらと関連する筋肉も原因として考える必要があります。

 

また、陸上競技をされている方はもちろん、趣味としてランニングを楽しまれている方でも、痛みが繰り返す場合は、その痛みの原因になった動作についても考えるべきです。

 

単純にフォームの問題なのか、骨盤・股関節周囲のゆがみなど、身体のバランスに起因するものなのか。

 

もう少し具体的に書くと、オーバーストライド気味であったり、骨盤の動きが悪かったりなど。

 

しっかりと根本的な原因にアプローチできれば、病名のつかないような原因不明の痛みも改善されます。

 

関連記事:

膝裏の痛みとランニングフォームの問題点

Total Body Care 向ヶ丘整体院
TEL: 044-931-5345(予約優先)
〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸2055
向ヶ丘エースビル5F
【営業時間】10:00〜21:00(最終受付20:00)
【定休日】毎週火曜日
小田急線 向ヶ丘遊園駅前
小田急線・JR南武線 登戸駅 徒歩8分

Category:足と脚の話 , スポーツ / Tags:, , , , , , , , ,