スタッフブログ

外反母趾・内反小趾

Author:Yoshifumi Mahara - 2015年4月21日

こんにちは。

 

今回は外反母趾・内反小趾の話です。

 

外反母趾も内反小趾も共通する部分が多いので、一緒に書いていきます。

 

どちらも足の指の付け根の部分が変形し、骨が出っ張ってくるものを言います。

 

外反母趾・内反小趾になっている方の大半は、足の横アーチが落ちた状態になっています。

 

自分の足を見て、足裏の親指の付け根の母趾球から小指の付け根の小趾球にかけて、アーチがなくなっている方は要注意です。

 

また、そのような方は、まっすぐに立った時に足の指がきちんと床につかない、浮き指になる方が多いです。

 

なぜそのような状態になるかというと、普段から足の指を使えていないからです。

 

そして、足の指を上手く使えていない原因の多くは、歩き方の問題にあります。

 

正しく歩けていないことで足底の筋肉を上手く使えず、衰えた筋肉ではショックを吸収する働きをするアーチを支えられなくなり、その状態で偏った負荷がかかることで、様々な足のトラブルを生じます。

 

まずは使えていない足底の筋肉に刺激を与え、使えるようにするための準備をしてあげると共に、歩き方から直していくことも大切です。

 

また、外反母趾・内反小趾に関しては、靴にも気を付ける必要があります。

 

指を圧迫してしまうような、極端に先の細い靴を避けるのはもちろんですが、それだけではありません。

 

痛いからと言って、サイズの大きすぎる靴を選んでしまうのも良くありません。

 

大きすぎる靴を履いて、靴の中で足が前後に動く状態になっていると、足の指が細いつま先に押し込められてしまい、結果として余計に圧迫された状態になりやすいです。

 

また、踵が歩くたびにカパカパと浮くような状態では、踵から着いてつま先で地面を蹴るような動きはしづらくなります。

 

潰れた横アーチの部分から着地することになりやすく、症状を悪化させてしまいます。

 

これは、一見すると楽なようにも見える、サンダルなども同様です。

 

圧痛のある部分を圧迫しないものでも、足を踵の部分でキチンと固定できる靴を選ぶべきです。

 

既に外反母趾・内反小趾になっている方だけでなく、予防という意味でも気を付けるようにしてくださいね。

 

歩き方と言う点では男女共通ですが、特に若い女性は靴で足に負担をかけている方も多いです。

 

症状が出ていない方でも、施術の際に足を見ると隠れた問題を抱えている方は、たくさんいらっしゃいます。

 

何年・何十年後に後悔しないためにも、早い段階から気を付けてくださいね。

Total Body Care 向ヶ丘整体院
TEL: 044-931-5345(予約優先)
〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸2055
向ヶ丘エースビル5F
【営業時間】10:00〜21:00(最終受付20:00)
【定休日】毎週火曜日
小田急線 向ヶ丘遊園駅前
小田急線・JR南武線 登戸駅 徒歩8分

Category:足と脚の話 / Tags:, , , , ,