スタッフブログ

がに股と腰痛

Author:Yoshifumi Mahara - 2015年3月13日

こんにちは。

 

今回は、がに股と腰痛というテーマで書いていきます。

 

がに股とは、立っている時に足のつま先が外側を向いている状態のことです。

 

がに股の人は腰痛になりやすいということは、聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

 

がに股になっている時、股関節は外旋した状態です。

 

股関節が外旋すると骨盤は後傾します。

 

そして、多くの例では、腰椎の生理的彎曲(前彎)が少なくなっています。

 

特に股関節を外旋する癖が強い場合、座っている時も脚を開きやすくなります。

 

そうすると椅子に浅く座り、骨盤を後傾させるような姿勢になりやすく、腰椎を強く後彎させてしまいます。

 

このような姿勢を長く続けていると、次第に生理的彎曲が崩れ、常に腰椎の前彎がない状態、もしくは後彎した状態になってしまいます。

 

生理的彎曲というのは、身体にかかる負担を分散させる上でも大切な働きがあります。

 

常に股関節を外旋させることで骨盤が後傾し、腰椎の前彎が失われた状態というのは、非常に負担がかかりやすい状態であると言えます。

 

そのため、このような姿勢の方の中には、ぎっくり腰などの急性腰痛になる方も多く、治っても何度も繰り返してしまうという方もまた多いです。

 

このような場合は、出ている症状としての腰痛だけではなく、股関節や骨盤などの状態も一緒に改善していくことが大切です。

 

急性腰痛を何度も繰り返していた方でも、脊柱や骨盤・股関節の状態を整えることで、しっかりと予防していくことは可能です。

 

何でもない姿勢の癖と思っているようなことでも、侮るなかれです。

Total Body Care 向ヶ丘整体院
TEL: 044-931-5345(予約優先)
〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸2055
向ヶ丘エースビル5F
【営業時間】10:00〜21:00(最終受付20:00)
【定休日】毎週火曜日
小田急線 向ヶ丘遊園駅前
小田急線・JR南武線 登戸駅 徒歩8分

Category:姿勢 , 腰の話 , 足と脚の話 / Tags:, , , , ,