スタッフブログ

歪み=悪ではない

Author:Yoshifumi Mahara - 2013年9月6日

こんにちは。

豪雨だったり、竜巻だったり、各地で変な気候が続いていますね。

これが落ち着いたら秋らしくなるのでしょうか。

 

さて、今回は身体の歪みについての話です。

 

体の歪みが全て悪いわけではない

誤解されることが多いですが、体の歪み=悪いというわけではありません。

私たちが体の状態をチェックする際にも、実は体の歪み自体はそれほど重視していません。

矯正も歪みではなく、体の本来の機能が低下している部分やその原因に対して行っています。

 

そもそも、ヒトのカラダは左右対称にはできていません。

どんなに健康な人であっても左右差はあります。

 

左右差があると歪んでいると思ってしまいがちですが、ある程度の見かけ上の左右差は正常であり、そもそも歪みと呼ぶべきではないものかもしれません。

 

では何を歪みと呼ぶべきか

何らかの偏りがあった場合、それが歪みと呼ぶべきものかどうかの判断基準は、機能的な問題があるかないかです。

関節の動きの制限や筋肉の強い緊張を引き起こすものであれば、それは改善するべき歪みかもしれません。

 

もちろんその部位だけで判断するべきではないので、一概には言えません。

ただ、逆に機能的に問題がない状態であれば、むやみに変えようとすれば状態を悪くする可能性もあります。

 

見かけ上の歪みを改善したい場合

機能的に問題のない偏りであっても、見かけ上の歪みを改善したいと思う場合もあるでしょう。

特に女性の方など、美容的な面を考えた場合には多くあると思います。

 

その場合も、その部分だけに目を向けて改善しようとすると、他の部分で不都合が生まれる場合があります。

ある部分の見かけ上の歪みを改善したい場合も、必ず機能的な面も含め、全体に目を向ける必要があります。

 

身体の左右差でも、猫背やO脚・X脚などでも、たとえ呼ばれる名前が同じであっても、状態は人によって異なります。

こういう状態・症状にはこれという、全ての人に当てはまるような対策はありません。

 

見かけ上の姿勢の乱れや身体の歪みを改善したい場合も、安易に考えず慎重に取り組むべきです。

 

 

見かけ上の身体の歪みを改善したい方も、お気軽にご相談ください。

Total Body Care 向ヶ丘整体院
TEL: 044-931-5345(予約優先)
〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸2055
向ヶ丘エースビル5F
【営業時間】10:00〜21:00(最終受付20:00)
【定休日】毎週火曜日
小田急線 向ヶ丘遊園駅前
小田急線・JR南武線 登戸駅 徒歩8分

Category:姿勢 / Tags:, , , ,